プレスリリースの無料配信サービス「ツナググ」

LiveArt、黄宇興氏によるブルーチップNFTシリーズ「メタモルフィック」発表

2022.10.24

Live Art Market, Inc.

2022年9月7日、LiveArt(ライブアート)は「メタモルフィック(Meta-morphic)」を発表そました。これは創世的なジェネレーティブアートで、黄宇興(ユー・シン ファン)氏の複数の章からなるNFTコレクションからきている。黄宇興氏は、2021年のクリスティーズ香港の秋季オークションで6483万香港ドルの自己オークション記録を打ち立てた世界的な現代美術家です。黄宇興氏とLiveArtのコラボレーションは、瞬く間に多くの人々の関心を集めました。

2022年9月7日、LiveArt(ライブアート)は「メタモルフィック(Meta-morphic)」を発表そました。これは創世的なジェネレーティブアートで、黄宇興(ユー・シン ファン)氏の複数の章からなるNFTコレクションからきている。黄宇興氏は、2021年のクリスティーズ香港の秋季オークションで6483万香港ドルの自己オークション記録を打ち立てた世界的な現代美術家です。黄宇興氏とLiveArtのコラボレーションは、瞬く間に多くの人々の関心を集めました。

2022年9月23日に先行販売を終了したミステリー ブラインドボックスは、800個が1分足らずで完売するという圧倒的な反響を呼びました。という声が多く聞かれました。

「今の弱気相場で、なぜ「メタモルフィック」は成功を取得できるのか?」

メタモルフィック:自然哲学に由来する芸術表現

2021年、黄宇興は1億人民元を超える売上高を記録し、その年の中国美術市場における現代アーティストのトップ3の一人となったのです。2021年のクリスティーズ香港秋季オータム・オークションでは、黄宇興氏の作品「七宝の松」が6483万香港ドルの自己オークション記録を打ち立てました。

黄宇興氏の深く個性的で視覚的に印象的な芸術スタイルは、トップコレクターやブランドの注目を集めています。黄宇興氏は、彼の創作過程を反映し、保存する絵画で広く知られています。中国の伝統的な山水画を彷彿とさせるイメージを、抽象的ともいえる超モダンなネオンパレットで表現した彼の作品は、その独特のスタイルが幅広い層に支持されています。豊かな蛍光色が円錐形や楕円形の幾何学的な図像と出会い、黄宇興氏を新たな次元に押し上げる独特の風景を生み出しており、これらの創造的要素は「メタモルフィック」の重要なテーマとなっています。

黄宇興氏「メタモルフィック」 2021年クリスティーズ香港の秋季オークション

落札価格:6483万香港ドル

「メタモルフィック」シリーズは、7つの宝石を中心に、合計2000個のユニークな宝石のNFTを実現する予定です。それぞれの宝石は、黄宇興(ユー・シン ファン)氏の新作に由来し、ロンドンのデザイン事務所HatoのアートディレクターとPlinthのプロプロデュースで実現した。黄宇興氏は、「メタモルフィック」シリーズを通じて、人々が宇宙変化の神秘を理解し、自然哲学の美しさを理解するよう導くことを望んでいます。それぞれの宝石は、人類の叡智と自然の哲学を体現した幸運のシンボルです。

メタモルフィック:Web3空間とアートの交差点

黄宇興氏は、世界のアート市場で約30万人以上の会員を持つデジタルアートプラットフォーム「LiveArt」と深いパートナーシップを築いています。LiveArtは、Web2アートとWeb3アートの橋渡し役として、Web3のトッププロジェクトで深いコラボレーションを確立しています。

LiveArtは、プレミアムNFTプラットフォームとして、アートの世界をWeb3に接続し、クリエイター、コラボレーター、コレクターをメタバースに導きます。liveArtは、オーダーメイドのテクノロジーサービスを提供し、技術的ブレークスルーを実現するため、ダッパーラボ(Dapper Labs)、イミュータブルX(Immutable X)とサンドボックス(Sandbox)の初期投資家であるエベレスト・ベンチャーズ(Everest Ventures)グループと提携します。

LiveArtの創業者たちは、世界有数のオークションハウスであるサザビーズやクリスティーズの出身であり、その中核を担ってきてから、この業界に入りました。LiveArtは、数十年にわたる業界での経験から、最高級のデジタルアートプラットフォームを提供できるようになります。

「メタモルフィック」は、黄宇興氏のWeb3への旅のを展示します。3Dデザインとアルゴリズムプログラミングにより、それぞれのNTFは多次元空間に浮かぶ宝石を象徴し、さまざまな形と意味合いを持つ。

メタモルフィック:造幣のルールと今後の展望

メタモルフィック NFTシリーズはイーサリアムで販売され、サンゴ、オニキス、パール、ゴールド、シルバー、シャコガイ、ターコイズの7種類、計2000個の宝石NFTが作成される予定です。

2000個の宝石NFTは、ミステリーブラインドボックスとして販売されます。

NFTミステリーブラインドボックスシリーズのビジュアル展示

ミントステージ段階

2,000個のブラインドボックスは、2つのフェーズでコミュニティに配布しました:

先行販売段階:

この段階のミステリーボックス800個は、9月23日に1分間で完売しました。

一般販売段階:

1,200個のミステリーボックスは、10月24日午後2時(UTC)にオープンオファー事前販売リンクを通じて、リストアップされた方に1.5ETHの価格で配布されます。

リザーブルール

コレクター向けのメタモルフィックリザーブキャンペーンが発表されました。コレクターは、予約サイトでミステリーボックスを予約(エクイティ)すると、さらに特典があります。キャンペーンは2つのフェーズに分かれています:

第1フェーズ(期間:2022年10月12日24:00~2022年10月26日24:00)。コレクターはメタモルフィックNFTを14日間予約保留することができます。一度予約したNFTは、該当する資産の保持期間が14日に達したときにのみ抽出できます。保持されている各メタモルフィックNFTについて、新たな投下が開始されると、次のチャプターのNFTが該当するアドレスにエアドロップされます。14日間保持されると、そのブラインドボックスはメタモルフィック・セブン・トレジャーズNFTに変化します。

記者が投稿した時点で、375個のメタモルフィックオブシディアンストーンが予約されていた。LiveArtはまた、次の章NFTがDOUBLEによって各予約者の該当アドレスにエアドロップされることをコミュニティで発表しました。

フェーズ2(近日公開):フェーズ2は28日間続く予定です

ポテンシャルインタレスト

LiveArtは10月20日に「メタモルフィック」の一般販売を発表し、その直後にマジックエデン(Magic Eden)も共同販売を発表しています。

ソラナ(Solana)エコシステムにおける主要なNFTマーケットプレイスであるマジックエデンは、今年6月に1億3千万米ドルのシリーズB資金調達ラウンドを終え、さらに8月にETHチェーンプロジェクトに多くのリソースを割り当てることを見越して、イーサリアムNFTを統合すると発表しています。現在までに、「メタモルフィック」はイーサリアム上で1000以上のETHを取引しています。「メタモルフィック」はマジックエデンのイーサリアム上での最初のバルクNFTプロジェクトです。

BAYCのブルーチップコミュニティAPE TANKは、「メタモルフィック」のアドバイザーであり、7/7の投票で「メタモルフィック」の公売を支援すると公式に発表しました。 「メタモルフィック」は幅広いブルーチップコミュニティと交流を持ち、NFTエコシステムではそれに関する議論が活発に行われています。

ハッキング事件により、オペレーションウォレットのミステリーブラインドボックス197個が影響を受けた後、liveArtは、危機の中でプロジェクトに貴重なアドバイスをしてくれたコミュニティユーザーの2人にの貢献に感謝し、加えてコミュニティの活動をさらに促進するため、ミステリーブラインドボックスNFTをそれぞれに1個ずつ贈りました。 LiveArtの危機管理はコミュニティから賞賛され、コミュニティの結束を強化し、プロジェクトにより多くの質の高いコレクターと貢献者をもたらしました。

LiveArtは契約をアップグレードし、オペレーション ウォレットから盗まれた197枚のNFTを廃棄し、危機に対処し、ユーザーにタイムリーに補償しました。 liveArtのセキュリティは向上し、プロジェクトの範囲はさらに拡大しました。 リザーブプライスは一時470%も上昇し、現在は1.6ETHで安定しています。これを踏まえ、コミュニティはパブリックセールに対して非常にポジティブな反応を示していると言えます。

担保のさらなる収益はまだ公表されていません。以前にAMAより明らかにした黄宇興氏のプリント情報に、

コミュニティとNFTコレクターは期待を寄せています。

LiveArtは、芸術分野に強力な背景を持ち、投資家同士の交流もTOP10に入るほど盛んです。 いくつかの公共チェーン提携しており、多くの理由から他のアートNFTプロジェクトの立ち上げを楽観視しています。

メタモルフィック:弱気相場で上昇するブルーチップ

現在、ベアマーケット(弱気相場)の真っ只中にある「メタモルフィック」は、その先行発売を中心に話題を呼んでいます。

LiveArtと黄宇興氏が主催するAMAには毎回数千人のリスナーが集まり、「メタモルフィック」の人気はそれに関する多くの研究にもつながっています。

LiveArtは中国のクリプトパンクス(Cryptopunks)コミュニティ、エイプリスト(Ape List)、レインボー・アルファ(Rainbow Alpha)、クローンX アルファ(CloneX Alpha)などのトップレベルのブルーチップ・コミュニティと協力し、多くのブルーチップ・コレクターの関心と参加を集めています。

LiveArtは、アドレイン・チェン(Adrain Cheng)、アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)、エベレスト・ベンチャーズ・グループ(EVG、Everest Ventures Group)など、Web3のトップ投資家の支援を取得し、プロジェクトに強力な支援をいただいました。

前売りの完売は、「メタモルフィック」が現在の弱気市場でも大ヒットしていることを証明しています。 このミステリーブラインドボックスのプリセールは1分で完売し、総売上高は804ETH(100万ドル以上)となりました。予約販売終了後も需要が高まり、OpenSeaのトレンドリストで1位を獲得しました。

発売準備段階では驚天動地ではありませんでしたが、波乱もありませんでした。「メタモルフィック」の下取り価格が1~1.3ETHで安定しており、回転率も50%と高いことから、ペーパーハンドはほとんど濾過されたとも考えられます。「メタモルフィック」は10月17日にオペレーション ウォレットの盗難に遭いましたが、迅速かつ正確な対応で市場をすばやく引き戻しました。10月19日、「メタモルフィック」シリーズのフロア価格は2.99ETHに達し、24時間取引量は165ETHとなり、OpenSeaトレンドランキングで1位、Topランキングで6位となりました。現在,OpenSeaのフロア価格は1.6ETH前後で安定しています。

追記

本稿執筆時点では、「メタモルフィック」のリザーブプライスは1.64ETHで、10月24日から一般販売が開始される予定です。

先日発表された次章のNFT予約キャンペーンや、アルファ/ブルーチップ別コミュニティとの交流など、「メタモルフィック」に関する有用なニュースが一般公開に先駆けて公開されました。 同時に、ブルーチップホルダーやNFT OGを含むNFTホルダーは、ライブアートのコミュニティでプロジェクトの発展について多くの提案をしており、LiveArtは引き続き質の高い提案に応え、それを受け止めています。

LiveArtの継続的なアクションと活発なコミュニティがプロジェクトの発展の原動力となり、「メタモルフィック」は今後も前進を続け、ブルーチップになることを可能にしました。 今後、さらに大きな成果が期待できます。

参照:NFTGO

LiveArtリンク:

ホームページ:https://liveart.io/

Twitter: https://twitter.com/LiveArtX

Discord: http://discord.gg/liveart

Fax: https://t.me/LiveArtXChat

“「メタモルフィック」” URL

公式サイト: https://metamorphic.liveart.io/#/

URL 保留: https://metamorphic.liveart.io/#/reserve

Premint URL: https://www.premint.xyz/liveart-meta-morphic-public-sale/

マジックエデンじ上のメタモルフィック:

https://www.magiceden.io/launchpad/eth/meta_morphic_seven_treasures

会社概要

    • 事業名
    • Live Art Market, Inc.
    • 事業内容
    • 宣伝する
    • 所在地
    • 700 Rockland Road Rockland, DE 19732
    • HP
    • https://liveart.xyz/

メディア関係者の方へ

メディア関係者の方は下記より事業者にメッセージが送れます。

メッセージを送る

    Start Today!

    発信することを始めよう

    発信することを始めよう

    ツナググはプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスです。ツナググを利用することで企業・団体・お店様は、新商品・新サービスの情報をマスコミや一般のお客様にプレスリリースやニュースリリースとして配信することができます。広報活動でプレスリリースや・ニュースリリースを配信することで、メディアや第三者の報道により新サービスをPRできる可能性があります。ツナググのプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスでは、SNS(facebookとTwitter)にお客様が配信されたプレスリリース記事が自動で投稿されますので、配信記事がSNSで拡散される可能性もございます。プレスリリース・ニュースリリースは企業活動を正しく発信する、一般的な広報手段としてとても有効ですので、是非この機会にプレスリリースやニュースリリースを無料配信できるツナググを利用してみてください。

    プレスリリース無料配信のお申し込み
    ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信 | 会社・お店のPR

    ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信サービス