トップ > プレスリリース一覧  > ネットサービス

2023年のオムニチャネル・OMOトレンドを発信 D2C・Eコマース・オムニチャネル物流フルフィルメントサービスを提供する『富士ロジテックホールディングス』

2023.02.21

株式会社富士ロジテックホールディングス
ネットサービス

2022年のグループ会社合併に伴い、物流サービスをオムニチャネル・OMO領域まで拡張するとともに、RaaSを始めとする先進的な物流、フルフィルメントサービスのご提供しています。2023年は、よりマーケット環境が複雑で、収益性が厳しくなるなかで、クライアントの要望やご意見をもとに、D2C/Eコマース、そして、オムニチャネル化を通じたビジネス成長のための情報として、「2023年 オムニチャネル・OMO 9のトレンド」をお届けします。 2023年のコマースビジネス事業成長にお役立てください。

2023年 オムニチャネル・OMO 9のトレンド

URL:https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-173

オンライン ショッピングの人気は高まりました。世界では80%以上がスマートフォンを所有しているため、これまで以上に、パーソナライズ化された買い物(購入)方法があります。そしてこれからも多様化していきます。

だからこそ、オムニチャネル・OMOに注目が集まっています。

概要

オムニチャネル・OMOとは

すべてのタッチポイントで「購買体験https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-11

(購買だけではなく、マーケティング・コミュニケーション)を統一するオンラインとオフラインコマースへのアプローチ

・オムニチャネルとマルチチャネルの違い

柔軟性と便利さは消費者-買い物客-顧客にとって良いことです。これは、一貫していて中断のないカスタマージャーニー:購買体験を維持することです。

2023年 「9」 のオムニチャネル・OMO トレンド

トレンド #1: オムニチャネル エクスペリエンス

オンライン小売事業者は、何が一番売れているかを知るだけでなく、どの商品が最も多くのビュー (そしてレビュー) を獲得しているかを認識して、買い物客(ここではまだ顧客ではない)に関する多くの情報を収集しています。

これをリアル店舗でも次のプロセスで活用します。

  • オムニチャネルジャーニーが拡大する
  • 顧客はオムニチャネル・OMOにもっと期待している

BOPIS のように、かつては例外的と見なされていたサービスが、現在では顧客から期待されています。買い物客はオムニチャネルのメリットと経験に慣れてしまいます。顧客体験の基準は高くなります。

  • 体験型小売に注力

消費者は、ブランドが自分たちの価値観と一致して、優れたサービスを提供することを望んでいるだけではなくなりつつあります。

また、感動し、刺激を受け、楽しませてくれるブランド体験を望んでいると言われてます。

カスタマー エクスペリエンスが体験的でなければならない時代に来ています。

顧客は、より多くのパーソナライゼーションも望んでいます。

トレンド #2: オンラインストアが実店舗をオープン

オンラインのみで販売していたビジネスがハイストリートに転向して、新しい実店舗をオープンしていくことになります。

  • サプライチェーンは依然として重要であるから
  • 創造的なソリューションを提供すること。

トレンド #3: ショールーミングは続く

ショールーミングは、は購買体験の重要な部分を構成しています。顧客にとっては快適な購入を可能にする方法です。(顧客が、デジタルで検索・出会って、近くにリアル店舗があれば確かめにいくでしょう。)また、小売業者は、販売可能な在庫を保管するよりもスペースが少なくて済むため、コストも節約できるメリットもあります。

トレンド #4: 実店舗が復活

店頭からポップアップやショールームまで、顧客と直接関わるさまざまな方法があります。

顧客は、オンラインで注文した商品のみを受け取る場合でも、実店舗での体験を好みます。調査によると、買い物客は、実際に商品を見て試着できることが、店舗で買い物をする主な理由です。

リアル店舗・オフラインショッピングには依然として否定できない魅力が沢山あります。

トレンド #5: ソーシャル コマースの成長

ソーシャル コマースは、特に Z 世代の間で急速に普及しており、TikTok の人気が高まっています。

トレンド #6: パーソナライゼーション

「パーソナライゼーション: 魔法ではありません。方法です。」

  • データはこれまで以上に重要です

データは、あらゆるオムニチャネル施策の土台になります。顧客データでは、タッチポイントを監視し、再訪した顧客を追跡することで、顧客の関心や動機に関するインサイト・洞察を提供します。データが多ければ多いほど、パーソナライズされたエクスペリエンスを作成して、追加の販売を促進して、顧客のライフタイム バリュー(CLTV)を向上させることが容易になります。

トレンド #7: インフルエンサー マーケティング

(ライブストリーミング、TikTok/IG マーケティング)

ソーシャル セリングがさらに強力になりました。ソーシャル メディアの存在は、

  1. 顧客がブランドと関わり
  2. 商品について学び
  3. 他の消費者とのコミュニティに参加できるよう

にするため、D2Cをはじめとするオンラインコマースにとって不可欠なモデル要素です。

日本の場合は、視聴者はお気に入りのアプリを通じて、コマースシステムで直接商品を購入できるようにします。

トレンド #8: AR/VR ショッピング

メタバース https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-117

は、小売業者がターゲット市場や新しいオーディエンスと大規模につながることができるデジタル環境です。

メタバースはまだ発展途上にありますが、多くのブランドはすでにこのトレンドに乗り出しています。

ブロックチェーン/仮想通貨/デジタルウォレットなどまだまだ進化していきます

トレンド #9:カスタマー エクスペリエンスの最適化 (CXO)

コミュニティをより重視することになる。

消費者は、自分の価値観に沿ったブランドから購入することを好みます。そのため、2023 年には、ブランドは販売するもの、つまり商品やサービスだけに集中=マーケティングすることはできなくなります。

これは、コミュニティ=コミュニケーションをより重視することを意味します。これには、適切なオムニチャネル施策が役立ちます。

よくある質問:FAQ

クライアントから寄せられた、質問・課題にもお答えしています。

  • オムニチャネルコマースのメリットについて
    質問:カスタマー エクスペリエンスの向上とは
    質問:リーチは拡大できますか
    質問:売上・利益の増加はできますか
    質問:顧客ロイヤルティを向上できますか
    質問:良いデータ収集はできますか
  • オンライン ストアのオムニチャネルについて
    質問:顧客を知るとはどういうことですか
    質問:チャネルの選択が適切かを知りたい
    質問:目的の設定はどうしますか
    質問:パーソナライゼーションの実装はどうしますか
    質問:プラットフォーム間でシームレスに配信はどうしますか
    質問:チャンネルを維持するにはどうしますか
  • オムニチャネルの運用について
    質問:オムニチャネルコマースの欠点はありますか
    質問:オムニチャネルコマースでマーケティングおよび広告チャネルを使用する必要がありますか
    質問:オムニチャネルコマースでマーケティング施策をすべてのチャネルで一貫させるにはどうすればよいですか

【会社概要】

会社名:株式会社富士ロジテックホールディングス

所在地:東京本社/東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階

代表取締役:鈴木 庸介

事業拠点:倉庫・物流センター

東京/千葉/神奈川/北関東/静岡市清水区/静岡市富士・三島大井川・吉田町/浜松/袋井/名古屋/近畿/九州/海外

事業内容:倉庫業 / 貨物自動車運送事業 / 貨物利用運送事業 / 不動産賃貸事業 / 物流システムの企画、開発、設計、施工、管理業務 / 医薬機器製造業/ 医療機器販売業 / 医薬品店舗販売業

URL:https://www.fujilogi.co.jp/company/profile.php

【お客様からのお問い合わせ】

TEL:0120-301674

URL:https://www.fujilogi.co.jp/contact/

【プレスリリースに関するお問い合わせ】

西間木 智
Tel: 03-5208-1151
Email:st_nishimaki@fujilogi.co.jp

株式会社富士ロジテックホールディングスの事業概要

    • 事業名
    • 株式会社富士ロジテックホールディングス
    • 事業内容
    • D2C/P2C/OMO事業者むけ物流・発送代行サービス
    • 所在地
    • 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8F
    • 電話番号
    • 03-5208-1151

メディア関係者の方へ

メディア関係者の方は下記より事業者にメッセージが送れます。

メッセージを送る

    関連プレスリリース

    配信区分が同じプレスリリース

    業種が同じプレスリリース

    2024年度夏季高校生インターンシップ最終募集開始

    コムロコンサルティンググループ

    ボードゲーム好きが集まる夏祭り

    ボードゲーム夏祭り「ゆぷまる」

    Start Today!

    発信することを始めよう

    発信することを始めよう

    ツナググはプレスリリース無料配信サービスです。ツナググを利用することで企業・団体・お店様は、新商品・新サービスの情報をマスコミや一般のお客様にプレスリリースとして配信することができます。広報活動でプレスリリースを配信することで、メディアや第三者の報道により新サービスをPRできる可能性があります。ツナググのプレスリリース無料配信サービスでは、SNS(facebookとTwitter)にお客様が配信されたプレスリリース記事が自動で投稿されますので、配信記事がSNSで拡散される可能性もございます。プレスリリース・ニュースリリースは企業活動を正しく発信する、一般的な広報手段としてとても有効ですので、是非この機会にプレスリリースを無料で配信できるツナググを利用してみてください。

    プレスリリース無料配信のお申し込み
    ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信 | 会社・お店のPR

    プレスリリース無料配信ならツナググ