プレスリリースの無料配信サービス「ツナググ」

ワイドバンドギャップ半導体市場世界の予測2022ー2031年

2022.08.22

SDKI Co,. Ltd.

ワイドバンドギャップ半導体市場は、2031年までに約54億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に22%のCAGRで成長すると予想されています。

SDKI Inc.が「ワイドバンドギャップ半導体市場ー世界の予測2022ー2031年」の新調査レポートをに発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2031年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-110944
ワイドバンドギャップ半導体市場は、2031年までに約54億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に22%のCAGRで成長すると予想されています。

ワイドバンドギャップ(WBG)半導体を使用すると、パワーエレクトロニクスコンポーネントは、シリコン(Si)ベースのコンポーネントよりも小さく、高速になり、信頼性と効率が向上します。ワイドバンドギャップ(WBG)半導体は、市場で入手可能なSiベースのデバイスと比較して、より高い温度、電圧、およびスイッチング周波数でより高い効率で動作する機能を備えています。電源、PVインバーター、モータードライブなど、さまざまな商用および産業用アプリケーションで使用するワイドバンドギャップ半導体の高い需要は、予測期間中に世界のワイドバンドギャップ半導体市場の成長を後押しすると予測されています。WBG材料は、大規模で高効率のデータセンターですでに使用されています。さらに、それらは家庭用電化製品アプリケーションのコンパクトな電源として使用される可能性があります。

世界のワイドバンドギャップ半導体市場は、過去10年間で着実なペースで拡大しています。これは、世界中でさまざまなタイプのPVモーターとコンバーター、およびインバーターを製造するための高バンドギャップ半導体の需要の高まりに起因しています。技術の進歩、および発光ダイオードとセンサーの必要性は、世界のワイドバンドギャップ半導体市場の成長を後押ししています。省エネ半導体基板の数の増加により、世界的にワイドバンドギャップ半導体の需要が高まると予想されます。通信ネットワークとサービスの高度な成長により、通信機器の需要が高まっています。さらに、新しいデータセンターの必要性と電気自動車の採用の増加により、今後数年間で、ワイドバンドギャップ半導体の需要が高まると予測されています。これらの要因は、予測期間中にワイドバンドギャップ半導体市場の成長に貢献しています。

さらに、ワイドバンドギャップ半導体は、パワーエレクトロニクスの分野で大きな進歩を遂げるための代替アプローチを提供します。パワー半導体業界における投資の増加とワイドバンドギャップ半導体の採用の成長は、予測期間中に世界のワイドバンドギャップ半導体市場の成長を後押しすると予想されます。電気自動車メーカーは、HV-LV DC-DCコンバーター、ドライバーIC、車載充電器、モータードライブ、充電装置などのさまざまな自動車部品の製造にワイドバンドギャップ半導体を採用しています。この要因は、ワイドバンドギャップ半導体市場の成長を牽引すると予想されます。しかし、WBG半導体の全体的な売上高は、原材料の入手可能性、コスト、および半導体の生産などに関連するいくつかの未解決の問題のために低調でした。これは2022ー2031年の予測期間中にワイドバンドギャップ半導体市場の成長を抑制する可能性があります。

ワイドバンドギャップ半導体市場セグメント

ワイドバンドギャップ半導体市場は、材質別(炭化ケイ素(SiC)、窒化ガリウム(GaN)、ダイヤモンドなど)、アプリケーション別(ハイブリッド/電気自動車、PVインバーター、鉄道牽引、風力タービン、電源、モータードライブ、UPS、その他)、最終用途産業別(自動車、航空宇宙・防衛、IT・消費者、エネルギー・ユーティリティ、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ワイドバンドギャップ半導体市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、予測期間中に世界のワイドバンドギャップ半導体市場の最大のシェアを保持すると予想されます。これは、この地域でワイドバンドギャップ半導体が早期に採用されたことによるものです。中国と日本は、アジア太平洋地域のワイドバンドギャップ半導体市場への主要な貢献者であり続けることが期待されています。中国、日本、インドなどの国々では、増大する国内需要に対応するために、パワー半導体業界全体が急速に拡大しています。したがって、これらの国々は、今後数年間で、ワイドバンドギャップ半導体市場の主要国になると予想されます。

ワイドバンドギャップ半導体市場の主要なキープレーヤー

ワイドバンドギャップ半導体市場の主要なキープレーヤーには、Cree Inc.、GeneSiC Semiconductor、Infineon Technologies、Panasonic Corporation、On semiconductor、ROHM Semiconductor、Semelab / TT electronics、STMicroelectronics、TriQuint Semiconductor、Avago Technologies (Braodcom)、OSRAM Opto Semiconductorsなどがあります。この調査には、ワイドバンドギャップ半導体市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110944

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

会社概要

    • 事業名
    • SDKI Co,. Ltd.
    • 事業内容
    • Market Research
    • 所在地
    • 15 / Fセルリアンタワー、26-1桜丘町、150-8512、東京、渋谷区、日本

メディア関係者の方へ

メディア関係者の方は下記より事業者にメッセージが送れます。

メッセージを送る

    Start Today!

    発信することを始めよう

    発信することを始めよう

    ツナググはプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスです。ツナググを利用することで企業・団体・お店様は、新商品・新サービスの情報をマスコミや一般のお客様にプレスリリースやニュースリリースとして配信することができます。広報活動でプレスリリースや・ニュースリリースを配信することで、メディアや第三者の報道により新サービスをPRできる可能性があります。ツナググのプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスでは、SNS(facebookとTwitter)にお客様が配信されたプレスリリース記事が自動で投稿されますので、配信記事がSNSで拡散される可能性もございます。プレスリリース・ニュースリリースは企業活動を正しく発信する、一般的な広報手段としてとても有効ですので、是非この機会にプレスリリースやニュースリリースを無料配信できるツナググを利用してみてください。

    プレスリリース無料配信のお申し込み
    ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信 | 会社・お店のPR

    ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信サービス