プレスリリースの無料配信サービス「ツナググ」

プレスリリース記事の書き方 2022.04.19

プレスリリース配信記事の書き方やポイントを紹介

ツナググ編集部

ホーム » PR » プレスリリース配信記事の書き方やポイントを紹介

こんにちは。

無料で誰でもプレスリリースが配信できるサービスを提供しているツナググです。

無料プレスリリースサービス[ツナググ]

 

プレスリリースは、自社の存在を広く知ってもらい、新商品やサービスをPRするのにとても役立ちます。

最近はプレスリリース配信無料サイトもあり、比較的簡単に配信ができるようになりました。

しかしその分、多くのプレスリリースの中からメディア関係者の目に留まる記事を書く必要があります。

読み手が興味を持って最後まで読みたいと思う魅力的な記事に仕上げましょう。

今回は、プレスリリース配信記事の書き方やポイントをご紹介します。

 

プレスリリース配信の役割

プレスリリース配信とは、自社の商品やサービス、最新情報などをメディアへ発信することです。

イベントやキャンペーン情報、採用情報の告知などを発信することもあります。

プレスリリースがメディア関係者に注目されて記事になった場合、自社が多くの人に知られる機会となり、プロモーションの一環としても効果的です。また、世の中に企業情報をPRすることで、顧客との信頼関係構築にもつながります。

 

プレスリリース配信記事の基本の書き方

メディア関係者は、日々とても多くの企業から送られてくるプレスリリースを目にしています。

よほど興味を抱いた内容でないと取り上げられることはないでしょう。

記事のはじめの部分だけを読んで、価値のある記事がどうか判断されてしまうこともあります。

プレスリリースを書く際には、メディア担当者の目を引く記事に仕上げる必要があります。

プレスリリースの基本的な構成は、以下のとおりです。

 

・タイトル

・冒頭文

・記事本文

・画像

・問い合わせ先

 

では、伝わりやすいプレスリリース配信記事の書き方についてご説明します。

 

タイトル

タイトルは、プレスリリースで一番伝えたいことを30文字程度で書きましょう。

パッと見て興味を引く、分かりやすいタイトルがベストです。

 

冒頭文

冒頭文は数秒で読んで理解できるのが理想ですので、300文字程度に収めるとよいでしょう。

プレスリリースで伝えたいことを完結にまとめて、先を読みたくなるような内容にします。

 

記事本文

記事本文は、タイトルと冒頭文で述べたことをさらに具体的に伝えましょう。

数字やデータなどの情報を提示しながら説得力のある記事に仕上げます。

 

画像

画像を入れることで、読み手が記事の内容をイメージしやすくなります。

Webに掲載されるときのアイキャッチ画像になる場合もあるので、画像の選定にはこだわりましょう。

 

問い合わせ先

プレスリリースを目にしたメディアからの連絡に対応できるように「会社名・担当者名・電話番号・FAX番号・メールアドレス」を明記しましょう。

 

プレスリリース配信記事のポイント

 

メディアには毎日のように膨大なプレスリリースが届きます。その中で埋もれることなく、効果的な記事にするためのポイントをお伝えします。

 

タイトル・冒頭文にこだわる

一番大切なのは、タイトルと冒頭文です。

タイトルと冒頭文でその先を読んでもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

プレスリリースの中身が完結に理解でき、詳しく知りたいと思うような文章にしましょう。

 

背景やストーリーを伝える

できるだけ読み手の心に残るような背景やストーリーを盛り込みましょう。

これまでの経緯や商品開発秘話など、自社だけのエピソードを加えると説得力が上がり、印象に残ります。

 

数字やデータを取り入れる

プレスリリースの記事では、抽象的な書き方は避け、数字やデータを使用して具体的な情報を記載しましょう。

信ぴょう性が感じられ、報道してもらえる可能性が高くなります。

 

図や画像を入れる

文字だけの記事は、第一印象で興味を持ってもらうのが難しいかもしれません。

図や画像を取り入れて、ビジュアル的に分かりやすい記事にするのも効果的です。

 

誰でも読みやすい文章で書く

専門用語の多いプレスリリースは、知識のない人にとっては読むのが苦痛になります。

できるだけ簡単な言葉で表現するようにして、誰が読んでも分かりやすい文章にしましょう。

 

ニュースバリューのある記事にする

メディアで報道されるためには、社会のニーズに適応した話題やトレンド性のある記事が好まれます。

世の中のトレンドをリサーチし、流行に合ったタイミングで打ち出すのもひとつの手です。

 

5W1Hを使う

読みやすい記事を作るには、5W1H(いつ・誰が・どこで・何を・なぜ・どうやって)を意識しましょう。

必要なことを漏れなく伝えられますし、何をどう書いたらいいかが分かりやすくなります。

 

必要以上に誇張しない

プレスリリースに広告のような過剰表現は厳禁です。

必要以上のアピールは敬遠されるので、事実を客観的に伝えましょう。

 

プレスリリースの書き方やポイントについてお伝えしました。

最近は、投稿するだけで記事を掲載できるニュースリリースサイトなどもあり、気軽にプレスリリース配信ができます。メディア関係者や一般の人が目にする機会も増えたので、書き方やポイントを工夫して魅力的な記事に仕上げてくださいね。

Start Today!

発信することを始めよう

発信することを始めよう

ツナググはプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスです。ツナググを利用することで企業・団体・お店様は、新商品・新サービスの情報をマスコミや一般のお客様にプレスリリースやニュースリリースとして配信することができます。広報活動でプレスリリースや・ニュースリリースを配信することで、メディアや第三者の報道により新サービスをPRできる可能性があります。ツナググのプレスリリース・ニュースリリース無料配信サービスでは、SNS(facebookとTwitter)にお客様が配信されたプレスリリース記事が自動で投稿されますので、配信記事がSNSで拡散される可能性もございます。プレスリリース・ニュースリリースは企業活動を正しく発信する、一般的な後方手段としてとても有効ですので、是非この機会にプレスリリースやニュースリリースを無料配信できるツナググを利用してみてください。

プレスリリース無料配信のお申し込み
ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信 | 会社・お店のPR

ツナググ | プレスリリース・ニュースリリース無料配信サービス